< ブログヘ戻る
23
10月 2020

Like? Share!

ダイヤモンドの真正なトレーサビリティがついに実現

原石から磨かれ宝石に至るまでのダイヤモンドの軌跡は、長く曲がりくねった形をします。

鉱山での誕生から小売店でのセッティングに至るまで、ダイヤモンドは多くの人々の手、工程、段階を経て消費者にたどり着きます。

ダイヤモンドの原産地を特定することは、不可能ではないとしても非常に困難な作業です。特に近年では、トレーサビリティがダイヤモンド業界における最も緊急かつ難しい課題として浮上しています。これには次のような理由があります。

  1. 購入する製品や製品の仕入先に関してより高い信頼性と透明度を求める傾向が消費者の間で広がっている。
  2. 政府や規制機関も、透明性の向上に関する規制を強化している。
  3. そのため、ダイヤモンド企業には、サプライチェーンリスクを軽減し、買い手が望む信頼性を提供できる方法が求められている。

新技術の開発により、ダイヤモンドの追跡・解析体制は間違いなく改善しましたが、技術だけでは十分な対応は不可能です。

Sarineのソリューション-壊せない鎖としてのダイヤモンドトレーサビリティ

ダイヤモンドの原産地を追跡する上での最大の障害は、採掘された原石が磨かれたダイヤモンドに変わるまでの工程が分断化されている点にあります。ダイヤモンドは、採掘会社、メーカー、研究所、卸売業者、小売業者など、多くの所有者を経て消費者にたどり着きます。原石は、複数の原石に分けられたあと、それぞれが異なる大きさ・グレーディングの宝石に加工されます。これまでは、これら一つひとつの工程が、記録を改ざんできる機会として存在していました。

Sarineでは、ダイヤモンドのプランニング・加工・マーケティング技術が鉱山から消費者に至るダイヤモンドの全過程を網羅することで、世界で最も高度なトレーサビリティソリューションを提供しています。近年では、Sarineの画期的な研究・開発活動により、トレーサビリティに関する課題を一度に解決できる、多角性・安全性・客観性・有効性に優れたトレーサビリティプロセス『ダイヤモンドジャーニー™』が開発されました。ダイヤモンドジャーニー™の仕組みの動画を見る:

トレーサビリティの真正を証明する6つのステージ

Sarineのダイヤモンドジャーニー™トレーサビリティでは、コンピュータ化されたAIによる検証と照合確認が、ダイヤモンドのID確認プロセスの6つのステージを網羅。収集されたデータはすべて、独立性と安全性が確保されたSarineのクラウドに保存されます。

ステージ1:原石採掘登録

原石は採掘後すぐにスキャンされ、3Dモデルが作成されます。生産者はデータを原石IDに割り当て、Sarineの安全なクラウドベースシステムにアップロードします。

ステージ2:原産地照合

それぞれの原石はメーカー(研磨業社)でもスキャンされ、メーカーは原石IDおよび生産者名をシステムにアップロードします。システムでは、Sarine独自のアルゴリズムにより生産者のデータとメーカーのデータが照合され、一致すれば正式にメーカーに登録されます。

ステージ3:各製造ステージでのID認証

ダイヤモンドは、プランニング・ソーイング・研磨の各段階で、同じ原石であることが確認されます。ダイヤモンドの現状を各段階で自動登録することで、真正なダイヤモンドIDが途切れのない鎖として作成されます。

ステージ4:最終プラン登録

プランニング段階では、原石や最終製品としての宝石の複数の特徴を含む、最終製品プランがシステムにより収集されます。ダイヤモンドは、研磨の完了後、製品プランの原案と照合され、真正が確認されます

ステージ5:製品認証

SarineのAIラボで再度検証を行うことで、含有物、比率などのそれぞれのダイヤモンドに固有の特性および真正が確認されます。

ステージ6:Sarine Profile™レポート

検証の最終段階では、各ダイヤモンドブランドの仕様に合わせたSarineレポートを、書面または電子データで発行。本レポートには、鉱山での誕生から製品としてのダイヤモンドに至るまでの全加工過程を網羅したライフサイクルが、ビジュアルかつ真正な記録として示されています。

Sarineのダイヤモンドジャーニー™トレーサビリティの魅力は、これにとどまりません。

小売店向けにデザインされたSarineのダイヤモンド用指紋技術TruMatchを使えば、顧客は店頭にいながら、リアルタイムで宝石の採掘・加工データを確認できます。ダイヤモンドをその場でIDやレポートと照合できるTruMatchがあれば、顧客は夢に見た本物のダイヤモンドを、自信を持って購入することができます。

ダイヤモンドのスキャン解析やデータ収集に役立つSarineのグローバルなインフラが、AIを主体とする高度な認証技術によりもたらされたことで、ダイヤモンドトレーサビリティという複雑な謎がついに解決しました。宝石店や小売店は、ダイヤモンドの真正な生い立ちを顧客に伝えられるようになることで、これまでにない信頼や成功を獲得できることでしょう。

Get the latest technology, grading and retail news straight from the source, straight to your inbox.


MORE FROM THE DIAMOND BLOG

多様性としてのトレーサビリティ-ダイヤモンドの販売でストーリーテリングが重要となる理由

Sarineの「ダイヤモンドジャーニー™」トレーサビリティソリューションは、それぞれのダイヤモンドの物理的特徴や表面を、原石から宝石に至るまでのライフサイクルを通して最も細かい点に至るまで解析し、ダイヤモンドの真の多様性を反映した、証明可能なデジタルレポートとして提供します。

ダイヤモンド供給ラインの「需要主導型」から「需要対応型」への進化

今日のダイヤモンド供給ラインは、鉱山から小売業者への流れだけでなく、小売業者から鉱山への流れによっても構成されます。消費者需要は、必要なダイヤモンドの種類、タイミング、場所を左右する最も重要な要素です。

2021年のダイヤモンド業界-復活への着実な歩み

1年で最も重要な季節の到来が近づく中、すでに始まっているダイヤモンド業界の復活に拍車をかける、2021年の動向や技術をまとめてご紹介します。

COVID-19がもたらしたダイヤモンド業界のデジタル・AI化

過去9カ月にわたり、原石取引業者からメーカー、小売業者、消費者に至るダイヤモンド供給ラインの関係者が、デジタルソリューションの非常に高い可能性をCOVID-19を通し実感してきました。デジタル化はCOVID前も進められていましたが、感染拡大によりその速度は急速に加速しました。

ダイヤモンド業界における技術活用の拡大

当社のデイヴィット・ブロックCEOは、ラパポートでシニアアナリストを務めるアヴィ・クラウィッツ氏とのポッドキャスト対談で、COVID-19がダイヤモンドサプライチェーンにおけるテクノロジーの活用をどのように加速し、イノベーション導入に対する不安の解消に役立ってきたかを紐解きました。

ダイヤモンドグレーディングの未来

Sarineは2017年、カラーおよびクラリティのグレーディングを自動化する第一世代のダイヤモンドグレーディングテクノロジーを発表し、それ以降、中核的なグレーディング技術の改良に休むことなく取り組んできました。

日本のダイヤモンド業界の状況:2020年の動向と課題

ダイヤモンドを婚姻の象徴とする西洋の概念がデビアスのマーケティング活動の一環として日本にもたらされたのは、1950年代後半だったのですから。それ以降、日本のダイヤモンド市場は、景気変動、社会規範の変化、消費性向の変化などあらゆる要素に影響を受けてきました。では、2020年代に突入する今中、日本国内の宝飾・ダイヤモンド業界はどのような動向や課題に直面しているのでしょうか。

4Cを上回るダイヤモンドグレーディング

決められた基準に沿って鑑定機関がダイヤモンドグレーディングを行う時代はもう終わりました。グレーディングの新たな常識は、ダイヤモンドを4Cを超えた未知のグレーディング領域に導き、小売業界に革命的な変化をもたらすことで、ダイヤモンドメーカー(研磨業者)と宝飾店の両方に、全く新しい可能性の世界を切り開いています。

ダイヤモンドの新たな評価基準:ライトパフォーマンス – ブリリアンスとは?

ダイヤモンドの真の美しさや特徴を、顧客にわかりやすく伝える必要があるのはそのためで、ライトパフォーマンスは新たな武器として、販売員がそれを実現するのをサポートします。

Sarineのデータがダイヤモンドの売上向上に役立つ理由

幸いにもダイヤモンド業界には、ダイヤモンドに関する大量の構造化データ源が存在しています。これらを賢く活かすことで、ダイヤモンドの研磨工程や売上を強化することができます。そしてこうしたデータ活用を支えるのが、スキャニング・マッピング・グレーディング・販売分野にまたがるSarineの幅広い技術力なのです。