Diamond Journey – Sarine

DIAMOND JOURNEY™
トレーサビリティ

diamond planning

SARINE DIAMOND JOURNEY™

原石から宝石に至るまでのダイヤモンドの生い立ち

地中の奥深くで生成されるダイヤモンドの、鉱山から研磨業者そして宝石店に至る軌跡は、個性と魅力にあふれています。宝石業者は、モデリングからマッピング、プランニング、カッティング、研磨に至るあらゆる加工段階でサリネの技術を活かすことで、宝石の価値を最大化しています。この過程でサリネのシステムを通過するダイヤモンド原石の数は、1億個に及びます。そのため、サリネには、業界のあらゆる関係者へのトレーサビリティソリューションの提供に必要な、あらゆる加工段階での立証が可能なデータが揃っているのです。

DIAMOND JOURNEY™トレーサビリティ

ダイヤモンド業界が直面するトレーサビリティに関する課題の解決に向けた、サリネの取り組みを動画で見る。

DIAMOND JOURNEY™ストーリー

それぞれのダイヤモンドの生い立ちに関する真のストーリーを小売店が消費者に伝えることを支援するサリネの取り組みを動画で見る。

各加工段階での取り組み

ダイヤモンドが通過する各加工段階での取り組み

採掘:ダイヤモンドの生い立ちの起点(原産国)

地球内部でのダイヤモンド原石の成長

人類はなぜ、ダイヤモンドに他の宝石に勝る価値を見い出すのでしょうか。それは、約30億年前の地中の奥深くの高温高圧な環境で、単なる炭素が地球上で最も硬い天然物質へと変化した驚くべき地質現象への崇拝に基づいているのかもしれません。これらの結晶はその後、地殻変動による火山活動により表層部に押し上げられました。ダイヤモンドに二つとして同じものがなく、非常に精巧な採掘手法や多くの時間が求められるのはそのためです。

スキャンニング:トレーサビリティの原点

Sarine Diamond Journey™トレーサビリティは、デジタル認証の原点となるダイヤモンドの3D画像を採掘業者がスキャニングすることから始まります。これにより、原石から宝石に至るダイヤモンドのあらゆる加工段階を結ぶ、途切れのない認証が実現するのです。クラウドに安全に保管されるデータが、エンドツーエンドのトレーサビリティーの基盤の役割を果たします。

産出登録ID

diamond Registration process

新生児の出生届と同様、鉱山から採掘される原石にはそれぞれ産出登録IDが付与されます。それぞれの原石を採掘現場でデジタルスキャンし、3Dモデルを作成。原産国などのその他の重要な識別データも登録され、サリネの安全なグラウドシステムにアップロードされます。

製造(研磨)

原石照合

Sarine Diamond Journey™トレーサビリティの次のステップは、メーカー(研磨業者)での原石照合です。国境・大陸を超え輸送される原石は研磨業者の施設で再度スキャンされ、サリネ独自の照合アルゴリズムにより生産者が初期登録した原石と照合されます。照合が合致したら、原石は新たな所有者の名義で再登録されます。照合不一致の場合、その場でメーカーに警告が通知されます。

Rough diamond

マッピング:ダイヤモンドの真価の把握

人間の指紋同様、ダイヤモンド原石の特徴はそれぞれ異なります。サリネのダイヤモンドマッピング技術は、そうしたそれぞれのダイヤモンドに固有の特徴を特定できる先端技術です。それらの先端技術には、たとえば、ダイヤモンド原石の画像スキャンにより内部のバースマークを表示できるGalaxy®、ダイヤモンド外部の表面をマッピングできるDiaExpert®、原石解析により研磨後の輝きや価値を予測できるAdvisor®などが含まれます。

完璧なカットのプランニング

ダイヤモンド原石のカット・研磨方法は無数にあります。専門家は、それぞれの原石の原産地、大きさ、バースマーク、特徴に基づき、原石に隠された美しさや価値を引き出せる最適なカットプランを決定しなければなりません。サリネのプラニング技術は、完璧なカットを実現できる最適なカッティングプランの特定を可能にします。

研磨プランの完成後は、原石から宝石までの加工工程が、画像やデータとしてSarine Diamond Journey™トレーサビリティにより記録されます。

ソーイング:技能と精度が求められる精巧なプロセス

地球上で最も硬い物質からジュエリーを作り出すには、念入りな配慮と高い職人技術が必要とされます。サリネのQuazer®は、業界トップの人気を誇る高品質レーザーソーイングマシンです。技能、忍耐そして最先端技術の組み合わせが、最高水準の精度での天然ダイヤモンドのソーイングを実現します。

ダイヤモンドの究極の美しさを引き出す研磨

研磨は、天然ダイヤモンドが美しい宝石として生まれ変わるまでの軌跡の最終段階に当たるプロセスです。DiaMension®HD技術は、ダイヤモンドを継続的にスキャンすることで、カッティングプランに忠実なダイヤモンドカッティングを可能にする技術です。

研磨が完了したダイヤモンドは、プラン通り正しく研磨されたか、事前に作成される完成品データと照合され、メーカーにより再度ID登録されます。

SARINE LAB:原石から宝石に至る照合

鑑定基準

Sarine Diamond Journey™トレーサビリティは、原石からAI鑑定に至る軌跡を追跡します。AI鑑定は、人工知能を主体とする技術と長年の研究活動を活かし、人間の目による鑑定につきものの矛盾を解消し、ダイヤモンド鑑定の精度・一貫性・再現性を新たなレベルに引き上げることで、消費者へのより正確なダイヤモンドの真価を伝えることを可能にします。

研磨後の確認段階では、研磨された宝石のプロポーション、内包物、その他の固有の特徴を最終計画段階で登録された特徴と照合することで宝石のIDを確認し、宝石の原料となった原石が再確認されます。

レポートの作成

Sarine report

それぞれのダイヤモンド原石があらゆる加工段階を経て美しい宝石になるまでの軌跡を消費者へ生き生きと伝達する事を可能にする「Diamond Journey®レポート」は、Sarine Diamond Journey®トレーサビリティの頂点を成すツールです。小売業者はDiamond Journey®レポートを使うことで、購入者とダイヤモンドストーリーを新たな次元で結びつけることができます。

オプション:店頭での原石照合

TruMatch™は、消費者によるダイヤモンドの原産地の確認を可能にし、消費者の信頼をさらに向上できる、店頭向けソリューションです。ジュエリーにセットされたダイヤモンド、またはルース(裸石)の状態でTruMatch™システムの上に置くと、それぞれのダイヤモンドのガードルに刻印された固有の指紋がサリネのクラウドデータと照合され、IDが認証されます。

当社のパートナー

原石から宝石まで

サリネは、世界中の大手ダイヤモンド生産・採掘業者との提携を歓迎すると同時に、真のエンドツーエンドの原産国トレーサビリティの実現に向けた当社の取り組みを信頼していただけていることに、感謝申し上げます。

Diamond Journey™オフィシャルパートナープログラムに関しましては、これまで23の供給・加工業者にご参加いただき、大変光栄に思っております。また、当社を信頼してくださるお客様にも心より感謝申し上げると同時に、お客様の技術パートナーとして引き続きお手伝いさせていただけることを楽しみにしています。