GALAXY® – Sarine

GALAXY®

複雑な原石プランニングをテクノロジーが簡素化

原石プランニングとは、原石から取り出せる宝石としてのダイヤモンドの価値を最大化できるカット・研磨方法を計画するプロセスのことです。ダイヤモンド原石の最適なカット方法は、原石の大きさ、内包物(原石が生まれ持った欠陥)の大きさ、種類、位置、市場需要の動向など、無数の要素に左右されます。

 

 

原石プランニングの革命

原石の内包物のスキャニング・マッピングに使用されるGalaxyシステムには、あらゆる大きさのダイヤモンドから最も詳細なクラリティデータを検出できる、高精度の内部自動評価機能が搭載されています。Galaxy内包物マッピングシステムは、2009年の発売当初以来、ダイヤモンド原石の可能性を最大化することで、ダイヤモンド業界を新たな次元に導いてきました。Galaxyシステムは、原石からデータを採取し、その宝石としてのすべての可能性を、正確に研磨業者に伝えることができる技術です。研磨業者による最適なカッティングプランの完璧な精度での予測・設計が可能になったことは、生産パイプライン全体に影響する突破口となりました。Galaxyは、ダイヤモンドのマッピング方法だけでなく、原石プランニングの概念に関する業界の理解にも変化をもたらしたのです。