Diamond Guide – Sarine

ダイヤモンドガイド

果てしない数の魅力の源を持つダイヤモンドが、どのように生成されるかご存知ですか? 鉱山から店頭に至る、ダイヤモンドの生い立ちをご存知ですか? ダイヤモンドの価値を左右する要素をご存知ですか? 天然ダイヤモンドと合成ダイヤモンドの違いをご存知ですか? このダイヤモンドガイドを読めば、ダイヤモンドに関するあらゆる知識を一度に習得できます。さあ、発見の旅の始まりです!

ダイヤモンドの評価基準「4C」

ダイヤモンドの評価基準「4C」-e1637314145892-crop

ダイヤモンドはあらゆる宝石の中でも最も高価なものの一つですが、それぞれのダイヤモンドの価値は、何に左右されるのでしょうか。希少性は、ダイヤモンドの価値を決定する最も重要な要素で、より希少な品質を持つダイヤモンドほど、価値は高くなります。そして、ダイヤモンドの希少性は、1950年代に開発された鑑定基準「4C」に基づき分類されます。Sarineは、「クラリティ(透明度)」「カラー(色)」「カット(研削)」「カラット(重さ)」に基づくこの鑑定工程をいち早く自動化することで、人間の目による鑑定で起こりがちな矛盾や意図せぬ偏見の排除、ダイヤモンドの真価の客観性と一貫性を伴うより正確な判定に取り組んでいます。

ライトパフォーマンス

sarineLABJP-15b

ダイヤモンドによる光への反応を評価するための基準「ライトパフォーマンス」は、それぞれのダイヤモンドに固有の2つと同じもののない光の反射パターンに基づきダイヤモンドの見た目の美しさと独自性を判定できる、最も高い精度と包括性を持つ基準です。ライトパフォーマンスは、美しさの指標であるだけでなく、小売価格も左右する重要な要素で、通常「ファイア」「スパークル」「シンチレーション」「シンメトリー」などの専門用語を用いて表現されます。これらの用語の解説は、以下リンクをご覧ください。

原石

原石とは何か、また、原石がダイヤモンドの特徴や価値をどのように左右するかご存知ですか? 原石とは、ソーイング・カッティング・研磨前の、採掘されたままの自然な状態の石のことです。あらゆる原石には「バースマーク」と呼ばれる生まれながらの固有の特徴があり、カット・研磨後の宝石の特徴もバースマークにより左右されます。以下リンクでは、バースマークの一つである内包物について詳しく解説しています。

ダイヤモンドジャーニー

ダイヤモンドジャーニー-06-e1637316034518

天然ダイヤモンドが美しいジュエリーとして店頭に到達するまでの軌跡は、それぞれ異なります。その生い立ちは遥か昔の地球の奥深くにまで遡り、採掘後は、世界各地でのソーイング、カッティング、研磨、鑑定、取引を経て、美しいジュエリーとして店頭またはオンラインで販売されます。ダイヤモンドはそこから更に、所有者の貴重な財産として世代を超えて引き継がれていきます。以下リンクでは、ダイヤモンドの軌跡の様々な岐路でのSarineのテクノロジーの役割や、こうした軌跡を消費者に生き生きと伝えるための取り組みについて解説しています。

合成ダイヤモンド

合成ダイヤモンドに関する情報は多くありますが、その定義、製造方法、鉱山で採掘される天然ダイヤモンドとの具体的な違いをご存知ですか? 合成(人工)ダイヤモンドは、天然ダイヤモンドの基本原料である炭素を用いて、研究所の高度に制御された環境で生成されます。天然ダイヤモンドが数十億年をかけて地中で生成されるのに対し、合成ダイヤモンドは高圧高温合成法または化学気相蒸着法(CVD)などの合成手法を用いて生成されます。以下リンクでは、合成ダイヤモンドの生成方法、性質、天然ダイヤモンドと比較した価格帯、天然ダイヤモンドと合成ダイヤモンドを見分けるためにSarineが開発した技術について解説しています。